安心の銀行系カードローン

現在キャッシング業界で人気なのが、銀行が貸し出す【銀行系カードローン商品】です。大手銀行はもともと全国各地に支店網を持っているため、他のキャッシングと比較すると銀行という信頼性と共に利便性を兼ね備えているのが特徴です。

また銀行本体からの貸し出しは総量規制の対象外になり、個人の借入れ総額が原則年収などの3分の1までの制限が除外され、総量規制の枠を超えても問題なく融資を受ける事ができます。その為貸金業法改正後、各銀行の積極的な広告効果もあり利用者が急増しています。さらに同じ銀行系の消費者金融やその他のキャッシングと比較しても、比較的金利が安く設定されている傾向があるのも特徴です。

⇒ 即日OKの銀行系カードローンってあるの?

専業主婦やパート・アルバイトでも積極的に融資を提供している企業もあります。銀行系カードローンが人気の秘密は、信販系や消費者系のカードローンに比べて実質年利が低く抑えられているだけでなく、銀行がバックについている事で利用者に安心感を与える側面があります。サービス面でもおまとめローンといった、複数からの借入れを一本化する商品があり、主なメリットとして大きいのが金利手数料の軽減が挙げられます。複数社に借入れを分けていると、金利手数料が借入している会社の数だけ発生します。

しかしおまとめローンを利用し一本化することで返済管理を行いやすくなります。また各社にかかってくる無駄な支払いや利息などを極力防ぐ事ができます。銀行系カードローンは保証人や担保も必要ないので返済条件も他の貸金業者よりも借りやすくなっています。

カードローンの審査

カードローン利用に避けて通れない審査について詳しく解説していきます。

カードローンの審査で見るものとは?

結論から言えば、「信用」です。でも、人間関係でもそうですが、信用ってどうやってみるんでしょう?って思う方も少なくないと思います。その信用についての見方がいくつかあるので、ご紹介していきます。正確には信用見込みとして考えた方がいいと思います。

収入

返済能力を具体的に示すパラメータと思って頂ければと思います。カードローンの場合は、借入できる金額の条件が年収の3分の1と決まっています。故に、返済能力の目安を法律で定められていたりもするんですね。それ故に収入という情報は非常に大事となってきます。

そこでひとつ気になるのが、無職の方や主婦の方になると思います。この場合収入がないという状態になるので、借入そのものが難しいと考えられる方が多いです。確かに無職の方は非常に厳しいですが、主婦の方に関しては、会社次第で世帯収入として審査を行ってくれる場合があります。ですが、審査条件自体は通常よりも厳しい感じになってしまいがちなので気をつけてください。

収入源

お金(お給料)をどこから、またどういう周期でもらっているのかと言ったポイントです。カードローンに限らず、ローン商材は月額返済が基本となります。ですので、毎月の安定した収入をどこから受け取っているのか?というのは審査を行う上で非常に大事になってきます。一昔前では、正社員の方以外は厳しい現実が待っていましたが、昨今の雇用形態の多様化に伴い、派遣でも契約でも、場合によってはアルバイトでも審査が通る可能性が出てきました。

ここで難しいのは、自営業(またはそれに準ずる収入体型)の方です。自営業などの共通点はフルコミッション制度になります。サブコミッションは固定給+歩合額ですが、フルコミッションは全額を歩合として収入が決まってきます。故に安定した収入という観点から外れてしまうので、審査が難しいと言われています。実際問題そういった方の話を聞くと、やはり正しい事実のようで、厳しい現実が多いようです。

生活レベル

申し込みの際に結構いろいろと聞かれます。その中でも特徴的なのは、就業先とお家の状況と家族構成になります。極端な話をいえば、月収手取り20万円の方が、家賃10万円の家に住んでる場合と、同じく手取り20万円の方が家賃5万円の家に住んでるのでは、月の残る金額に確実な差が生じてきます。

これを審査情報の一環として、捉えられることがあります。返済プランなどにもよってきますし、もちろん借入可能額にも影響が生じてきます。月にどれだけの固定費が飛んでいくのか?という観点での確認となります。

過去

例えば、A社で延滞などにより契約を切られてしまったとしましょう。また必要となってB社を申し込む際、そのA社での過去が仇となり、契約を断られてしまう場合があります。違う会社なのにどうしてわかってしまうのか?

それはこのあと書く、第3者機関が大きな影響力を持っているからという理由になります。正直な話、どれだけいい情報を持っていても第3者機関の情報に傷がついていればどんな方でも借入は極端に難しくなってしまうということです。 おそらく信用という観点で一番重要視されるのはここになりますね。

カートローンの審査で守りたい3つのこと

その名の通り3つの守りごとは必須になります。貸す側の考えることは、生業としている以上返してもらえることを前提としていろいろと確認をしてきます。そういった中で、気をつけたいポイントになります。

嘘をつかない(正確な審査情報の入力)

正直な話審査に関してはかなりの項目を聞かれます。会社の住所や電話番号だって書かなきゃいけません。これはすべて、返済能力を図るため以外にも未返済の催促先としても使われることがあるからです。また、会社によってはこの段階で会社に一般人を装い電話を行う可能性があります。ここでの情報入力を誤ってしまうと、そもそも審査が通らないなんてことも起こりかねません。

借りれる金額より返せる金額を正確に導き出すこと

月の返済額についての、計算をきっちり行うことがだいじということです。年収基準等もありますが、カードローンの会社だってせっかくのお客が借金地獄になることを望んでなんかいません。

あくまで審査は、与えられた情報を元に、審査を行い借入の可否と多少を決めることになります。多く借りたいからと言って月の目安返済額で無理をするのは審査時もそうですし、返済するにあたっても困ることになります。

ご利用目的

カードローン、ローンというからにはお金を借りるという行為になります。貸す側としても、完璧とまでは行きませんが、大体の利用目的を把握してこようとします。例えば、生活費に当てるのが一般的かと思いますので、全然それで大丈夫だと思います。

ただ、ギャンブルなどの遊戯費だったり、最近では投資(株やFX取引)のためにカードローンを利用するという方も少なくないようです。当然のことながら、生活費や冠婚葬祭での利用目的以外は貸す側としても懸念しがちになります。注意してください。

カードローンの審査で使われる第3者機関

さぁいよいよ、審査に当たって最も大事な部分に差し掛かってきましたね。今からお話する部分はカードローンの申し込みではもちろん大事ではあります。ですが、他の業界にも及んでくる非常に難しいポイントになります。他業界についてのことは後ほどとなりますので、まずはその第3者機関についてになります。

個人情報信用機関

漢字だらけでややこしい名前ですよね。みなさんはCICという名前を聞いたことがあるでしょうか?個人情報信用機関の中でも最も規模が大きくかつ、最も多くの情報を有している会社になります。よく、クレジットカード作ったりする時に出てくる名前ともなります。

ちなみに個人情報信用機関というのはCICの他にも2社あります。各会社の違いは正直なところ規模と名前ぐらいになります。ただ、この個人情報信用機関というのがどういう役割をしているのか?ここを掘り下げていきましょう!

個人情報の過去を管理

みなさんはよくブラックリストという言葉を耳にされますでしょうか?または、ご存知でしょうか?クレジットカード=ブラックリストなんて言葉が関連付けされやすいですが、カードローンでも同じです。

具体的に黒いリストがあるというわけではありません。要するに何なのかというと、カードローン契約やクレジットカードを作りづらい人のリストと、解釈するとわかりやすいと思います。でも、そんな超大事なリストをどこの誰がどうやって作っているのかって気になりますよね?具体的な形として存在しているものではなく、個人情報信用機関への何らかの登録があるとこういったリストへ仲間入りしてしまう、という感じです。

名前の由来は色々とあります。CICベースで行けば、不履行があった際の表記が黒い丸印になり、ブラックな印象を持たれるからブラックリスト、またはブラックヒストリーという一節もあります。単純に白黒はっきりつけられて、判定が黒=NGという観点からブラック、これを一括管理されてるという括りで見ることによってブラックリストなどと呼ぶ方もいらっしゃいます。はたまた、官報という特殊な書面があり、そこに破産などの一部手続きの方は名が残り、管理されていることからそう呼ばれているなんてこともあります。

最近の言葉でわかりやすくいえば、「黒歴史」です。個人情報信用機関が持ってる情報というのは、こういったお金の契約ごとには非常に大事になってきます。過去のローン関連の契約の約束不履行を個人情報信用機関は管理しているというわけです。

管理情報の運用

ただただ管理しているだけでは、他企業には全くメリットがありません。その情報を運用していることで、生業として成り立っているんですね。例えば、A社での支払い情報を、個人情報信用機関へ提出する、A社は個人情報信用機関が、持っている他社の支払い情報を照会できる。この流れが、個人情報信用機関が行っている個人情報の運用になります。

もちろん、むやみやたらに展開しまくっていたら、個人情報保護法なんて意味がなくなってしまいます。ある一定の同意基準などを経て、照会などが出来るようになります。利用規約や約款などをよーくみると、こういった内容のことはきっちり書いてあったりしますね。こういった情報というのは、5年から10年ほど個人情報信用機関に保管されます。こういった情報をもとに、申込者の申告の他に、第3者機関の情報をもとに審査をしているというわけです。

第3者機関が持つ影響力

第3者機関がどう言ったことをしているか?というのは、なんとなくでもおわかりになったと思います。ただ、舐めてかかったら本当に痛い目にあってしまうのもまた事実です。この第3者機関の影響力について少し掘り下げていきましょう。

情報の保管期限

機関によって様々ですが、5年から10年の保管が約束されています。一番有名なCICであれば、5年間情報が残ります。この残っている情報というのは、プラスの情報とマイナスの情報も残ります。また、申込情報も保管されています。申込から契約への可否に関わらず半年間はその情報は残ってしまいます。

要は、1度ブラックリストへ足を踏み込んだら5年は抜け出せないってことです。また、申込ブラックという造語がありますが、申込の情報も半年間は残ってしまうんですね。よって、やたらめったらいろんな会社へ申し込めばいいというわけでもなくなってきます。

情報の収集元

実はいろんな企業が、個人情報信用機関を利用しています。カードローンの会社や、銀行やクレジットカード会社などなど、この辺は想像がつく方が多いと思います。最近では意外な分野の参入が話題となっており、注意が必要です。

例えば携帯電話です。昨今携帯電話の本体代金の大幅な値上がりがあり、分割購入(割賦購入)が主流となっております。一昔前まではなかったのですが、ここ数年、この割賦購入の時に個人情報信用機関の情報が利用されているという事実があります。たまに、新聞などでと話題に上がりなんとなくでもご存知の方が多いと思います。携帯電話の支払い遅延で、住宅ローンやカーローンが組めない人が続出!なんて題名になってたと思います。

特に最近では、10万円を超える端末も発売されたこともあり、審査基準がかなり厳しくなったという噂も聞きますね。また、最近では習い事などのいわゆる、月謝に個人情報信用機関に関わることが出てきたということもあります。支払いの約束事を会社ではなく、他所へ任せることによってこういったことが発生してしまっているようです。

業務委託というやつですが、その委託先からすれば、月謝はローンみたいな物なんでしょうね。あとは、通販などでよくありますが、ショッピングローンというやつです。ローンという言葉がついてるので意識は高いみたいですが、購入意欲に借り立たれてしまい、忘れてしまうなんてケースもあるそうです。他にもまだまだありますが、こういった意外な物でブラックリストへ仲間入りする方も少なくないそうです。要するに、月額でお金を払うものを遅らせたら危険ということですね。

ローンサービス提供元が最も信用している存在である

そのまんまです。信用を元にお金を貸してくれるわけですから、その信用を測るための道具、手段として個人情報信用機関は他企業からすれば最も信用をおける存在となるわけですね。ゆえに生じるトラブルなどもあるみたいです。

例えば、「いつもニコニコ一括払い」をモットーにしている方がある日突然ローンを組もうとした時に、組めなかった。という事例があります。もちろん、初めて組むローンなのでブラックリスト(ヒストリー)なんて到底残ってるわけがありません。ですがこの方、そもそも個人情報信用機関への登録そのものが、初めてになるんです。そうなんです。白すぎるんです。

白ければいい?も思う方が増えるのもごもっともかと思います。ですが、白すぎるのも企業によっては懸念されてしまう場合があるんです。特にある程度年を重ねた方が、多額のローンなどを組もうとするとなりやすい現状らしいですね。

こうなってしまうと、他の個人情報信用機関情報を作るほかなくなってしまいます。先も話したとおり携帯電話なんて特に優秀だと思います。ですが、ここはあえてカードローンをその代わりに使ってみてください。体裁を気にされるのであればあまりなんとも言えませんが、最近では短期の借入に利息がつかないことが増えてきていることもあり、文字通り全く無駄なく個人情報信用機関へプラスの情報を残せるというわけです。

1万円だけ借りて、数週間後にまた返すだけです。よそは利息だ何だ、そもそもものを買う必要がありますからね。不要な買い物をせざるを得ません。ですが、カードローンであれば、現金を借りるのでその現金使わず返せば無駄がありませんよね?こういった行為をクレヒスを作ると称することが多いですが、クレヒスを作るんであればカードローンが優秀な媒体だと個人的には思います。

まとめ

審査について長くなりましたがこんな感じでまとまりました。要約すれば、第3者機関(個人情報信用機関)は、侮れないということです。ある意味ここを活かせば、理想的な人生への第一歩となりますし、殺してしまえば、悲愴的な人生の第一歩となってもしまいます。

カードローンというテーマではありますが、一時の凌ぎのために使うつもりが、誤ってしまったせいで今後の人生に左右するなんてあんまり考えたりしないですからね。こうした事実があるということだけでも覚えておくといいでしょう。

カードローンに限らずですが、ローン契約というのは本当に便利です。特に個人的にはカードローンは本当に便利だと思います。その便利さのリスクというのが、この審査の影響とポイントになってくるのではないかと思います。

パチンコ依存症の友人

私の友達にパチンコ依存症で借金を抱えてしまった人の話をしていきたいと思います。

友人との出会い

私がその友人と出会ったのは大学を入学するにあたって野球部に入ることになりその時出会い仲良くなったことがきっかけです。その友人とは普段から遊ぶことが多く部活が終わってからパチンコいったり土日は競馬にいったりとギャンブルにはまっていってしまいました。その友人は主にスロットにはまってしまいほぼ一年中正月にもスロットを打ちにいくようになるほど腐ったやつになっていきました。最初はアルバイトで稼いだ金を使ってスロットを打っていましたが負けが続くうちに親や友人に金を借りて生活するという日々を一年以上続けていきました。そうすると借金は一年間で38万円まで増えてしまいました。本人はそれを気にする様子もなく毎日毎日スロットを打ち続けて負けても明日勝てば問題ないと言いまたうち続けます。

本人のこのような態度を見てお金を貸した友達は激怒していました。当然ですよねお金を数十万貸していてそれを返す努力をするのでわなくまた自分が楽しむためひたすらスロットを打ち続ける。返す気がないように思われてもしかたがありません。そのことでその友達と口論になりやがて殴り合いの喧嘩になってしまいました。

普段は喧嘩なんかするような性格では二人ともありまさんがやはりお金がかかっているということでふたりとも熱くなってしまったんだと思います。それでお金を貸した友達はその借りた友達の親に連絡することにしました。ここからは聞いた話なのですが貸した友達がその親に会ったときその親御さんは泣きながら謝りお金を返してくれたそうです。本人は子供から返して欲しかったらしくそれで親に連絡をとったのにこのようなことになってしまいとても辛いと言っていました。

このように友達間でのお金の貸し借りは関係を悪くする原因になりやすいと思います。今回は借りたほうがパチンコなどのギャンブルにはまってしまいしょうがなくお金を貸してあげたという話ですがまずパチンコで金をすって借りようとしてる人に貸したほうも問題があると思います。もちろん返ってくる可能性も少ないですしそのような友達に貸して貸したほうに利益があるとは思えません。

金銭の話はとても互いの関係を壊しやすいと思います。なるべく仲のいい人とはお金の貸し借りはやめたほうがいいと思います。それで断って切れる関係ならそれまでの関係だと思います。みなさんも金銭の問題はよく考えて行動しましょう。